タウリン?タウリンは何に含まれどんな効能?タウリンの効能とは?

タウリンの効能とは?いったいどんな効能なんでしょうかそもそもタウリンは何に含まれているんでしょう?何か健康効能があるのでしょうか?そんなタウリンの健康効能のことを、調べてみました。効能を効果的に摂取する方法はあるのでしょうか?今までしらないタウリンの効能とは?

タウリンの効能とは?

タウリン?

タウリンとは含硫(がんりゅう)アミノ酸の一種で、いかやたこ、貝類、魚の血合いなどの主に魚介類に多く含まれている成分です。生体中のほとんどすべての組織に存在しております
人の体の心筋や筋肉、目の網膜、脾臓、脳、肺、骨髄などに存在していますが、体内の全タウリン量の50~80%は筋肉に存在するといわれています

タウリンの効能?何に入っている?

植物に含まれる量はわずかで、いかやたこ、貝類、魚の血合いなどの魚介類に多く含まれています

タウリンの健康効能

タウリンの健康効能・肝機能を高める効能

タウリンは、肝臓で胆汁酸の分泌や肝細胞の再生を促進したり、細胞膜を安定化させたりすることがわかっています。
肝臓の主な働きは、代謝、解毒、胆汁の生成の3つとなっており、心臓と同じくらい重要な臓器であることが知られています。タウリンは体内に入るアルコールや薬、食品添加物などの化学物質や、体内でつくられたアンモニアなどを分解して無毒化し、尿や便として体外に排出する解毒作用を持ちます。
肝臓が持つ働きのひとつとして、胆汁の生成は生体内において脂肪の分解や脂溶性ビタミンの消化・吸収を助けるなど非常に重要な役割を担っています。
タウリンは、摂取することで肝臓の機能を強化させ、代謝や解毒、胆汁の生成を助ける働きをします。

タウリンの健康効能・コレステロール値を下げる効能

タウリンは胆汁の分泌を促進し、コレステロール値を下げる効能があります。
胆汁がつくられる際、胆汁の主要な成分である胆汁酸が必要となります。胆汁酸をつくる際は、コレステロールが必要となります。タウリンは、胆汁酸と結合する性質があるため、タウリンを摂取することで胆汁酸の必要量が増加するため、コレステロール値を下げる効能が

動脈硬化を予防する効果

血中のコレステロールや中性脂肪が増え、血管壁にこびりつくことで血管が詰まったり、硬くなったりして、弾力や柔軟性を失った状態をいいます。動脈硬化になると、心筋梗塞や脳梗塞などの危険性が高まります。
タウリンは、コレステロールの上昇を抑制する効果があるため、動脈硬化を予防する

高血圧を予防する効果

タウリンは、ホメオスタシスという体が持つ機構や体をつくっている細胞を正常な状態に保つ作用があります。
血圧は動脈硬化や、交感神経が刺激を受けることによって心拍の動きを速めたり、腎臓の働きを抑制したりすることで起こります。特にタウリンは、塩分の過剰摂取によって起こる高血圧に効果的だといわれています。
塩分摂取による血圧の上昇は、腎臓の働きによって塩分と水分を取り除き、血液量を減らすことで抑えられています。しかし、塩分の過剰摂取により交感神経が刺激され、過剰に働くことで、こういった腎臓の働きが抑制されてしまい、血圧が上昇します。
タウリンには、動脈硬化を予防する効果だけでなく、交感神経を抑制する作用があるため、高血圧の予防に効果的

タウリンの効能・ダイエットにもつながる効能が!

タウリンの効能・むくみを予防・改善効果効能

むくみを予防・改善する効果
タウリンが不足することによって、筋肉の収縮力が衰えるといわれています。筋肉の収縮が衰えると、足などに溜まった水分を上へと送り返すことができず、むくみが生じます。
タウリンは、筋肉の収縮力を高める効果があるため、むくみにも効果的だといわれています。

タウリンの効能・便秘を解消する効能

便秘を解消する効果
腸の筋肉の衰えによりぜん動運動[※4]が鈍ってしまうことから、筋肉の収縮力を高めるタウリンは便秘にも効果的であると考えられています。

タウリンの効能・過剰摂取や不足すると

タウリン効能・タウリンの欠乏症

タウリンが不足すると、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病のリスクが高まります。肝臓の機能低下も考えられ、脂質の消化・吸収がうまくできなくなる危険もあります。また、タウリンは目の網膜にも存在する成分で、網膜を守る働きがあります。そのため不足すると、目の網膜の機能障害が起こる可能性があると考えられています。

タウリンは摂取すると比較的早く代謝されることから、過剰症の心配はないといわれています。

タウリン効能・タウリンの過剰症

人間の体内に存在するタウリンは、食事からの摂取と、体内での合成によりまかなわれています。
生体内では、含硫アミノ酸であるメチオニン、システインから合成されますが、その合成量は動物の種類によって様々で、人間は少ない量だと考えられています。
また、生の食品中のタウリンは焼くと3割、煮ると5割減るといわれています。また、タウリンは水溶性の成分のため、タウリンを含む食材を煮た場合は水に溶け出してしまうので煮汁ごと摂る必要があります。

タウリンの効能ばかりに頼らない

タウリンの効能は脂肪肝の改善には大きく貢献。
タウリン効能をサプリメントだけではだめ!生命維持のために毎日食事も摂らなければいけません。必要なタウリンの効能を。

タウリンには弱った肝臓を元気にしてくれたり、高血圧に良かったり、動脈硬化、コレステロール低下、などたくさんの、健康効能がありました。
何でも、適量がだいじなので、毎日の食生活で、心がけて生活しましょうね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ