記事ID7464のサムネイル画像

これからの季節にぴったり!雑炊の美味しい秘密とそのカロリーとは

鍋料理も多くなる季節、鍋のしめに雑炊は嬉しいですね。また体調があまりすぐれない時にも雑炊はぴったり。でも色々なバリエーションが楽しめる雑炊はカロリーも低くダイエットにも最適。気になる雑炊のカロリーとは?カロリーを抑え栄養も考えた雑炊について調べてみました。

雑炊の歴史とは

江戸時代にはヒエと大根、大根葉の干したものを混ぜた雑炊のようなものが食べられていました。米食が食べられるようになった江戸時代の後半には雑炊が生まれたようです。昔は雑炊は「増水」と書かれていたようですが、次第に野菜や魚介などの具を入れるようになり、雑炊とかかれるようになりました。
少しの米で満足感があり大勢が楽しめる雑炊は古くから人々に親しまれる食べ物だったのです。

雑炊は低カロリー?! 気になる栄養は?

雑炊のカロリー

白飯1杯のカロリーが269カロリー、でもご飯だけで食べるってことはあまりありませんね。おかずをバランスよく食べようと思うとその分カロリーも上がり、カロリーを気にする人にはつらいところ。
その点、雑炊はその昔「増水」と書かれたようにたくさんの水分を加えるのでご飯の量が抑えられます。参考までにカニ鍋を楽しんだ後の雑炊で1杯274カロリー。旨味たっぷりでしかもローカロリー。嬉しいですね。

気になる栄養は?

カロリーが低いのは嬉しいけど 栄養も気になる。ダイエット中の女子はわがままです。
雑炊には栄養があるのでしょうか?
雑炊の場合、米を使う量が少ないですが、色々な具を組み合わせることが出来ます。
気になる栄養があるならそれを組み合わせることで無理なく栄養も取れます。

雑炊は消化がいい…という事は?

記事番号:7464/アイテムID:183608の画像

出典:http://bui.jp

消化に良い食べ物という事はすぐにお腹がすいてしまうという事? たしかに雑炊はそんなに腹持ちのいいイメージがある食べ物ではないですね。
しかしお腹をきちんと空けてから次の食事をとることは 実は身体にも美容にもとってもいい事なのです。いつもいつもお腹を空かせた状態は避けたいですが、上手に雑炊のように低カロリーで消化の良い食べ物も日ごろから上手に取り入れたいものです。

雑炊を利用したダイエット法

雑炊を利用したダイエットその①: 1食を雑炊に置き換える

3食のうち1食を雑炊に変えるだけ。とっても簡単で無理のないダイエット方法です。
こんなスープジャーに入れればランチにもぴったり。
ちなみに写真の雑炊は159カロリー。ランチの時、サンドイッチやおにぎりにインスタントスープを合わせるとカロリーオーバーになりそうですが、これなら大丈夫ですね。
また、夜を雑炊に変えるのも効果的。それに胃にやさしいので体にも優しいダイエットです。

雑炊を利用したダイエットその②:具材を工夫する

キノコは低カロリー、たくさん入れると味も良くなりいいことだらけ。
他にもカロリーが低くて食物繊維が期待できるこんにゃくをいれたり、雑穀を加えたりすると栄養があるのにカロリーも低くていいことづくめです。

雑炊料理のカロリー

ディルと鮭の卵雑炊
255カロリー
ディルを使ってちょっと新しい感覚の雑炊。
お洒落なのにカロリー低めでランチにぴったり!

かき雑炊
栄養たっぷりの旬のかきを使った雑炊
320カロリー
これだけでも十分満足出来るのに カロリーは控えめなのが嬉しい。

キムチ雑炊
304カロリー
牛カルビやニラも入れてカロリーは控えめなのにボリュームのあるこんな雑炊もあります。

いきなり雑炊
冷凍ご飯をつかってぱぱっと出来るいきなり雑炊
330カロリー
簡単にできるのに温かくて低カロリー。
家にある色々な食材を活用できるのもいいところですよね。

雑炊をもっと食べよう!

消化に良く胃にも優しく、そのうえ低カロリーな雑炊。上手に食生活に取り入れれば美容にもダイエットにもとっても効果的!和風だけでなく、洋風にも韓国風にもアレンジが出来ます。これから寒くなる季節、低カロリーで体が温まる雑炊を食べましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ