アスタキサンチンって?どんな効果が?そんなアスタキサンチンの効果

アスタキサンチンって何でしょう?アスタキサンチンの効果とは?どんな食材にアスタキサンチンは含まれている?健康効果を効果的にとるには、どんな食材で、調理方法で、食べればいいのでしょうか?知らないアスタキサンチン効果とはどんな効果?健康効果?美容効果?どんな効果?

アスタキサンチンとは?

あなたはアスタキサンチンという栄養素をご存知ですか?ビタミンやミネラルほど、ポピュラーなものでもないので聞いたことがないという人も多いかと思います

アスタキサンチンは、カロテノイドの一種になります。カロテノイドといえば野菜なんかにも多いですよね。ニンジンですとか、トマトのリコピンですとか、色々とあります。

しかし、非常に抗酸化作用が強く、化粧品やサプリメントにもよく使用されている優れた栄養素なのです。そこで、今回は、このアスタキサンチンの効果・効能、そして、いかにして摂取すればその効果を大きく得ることができるのか

アスタキサンチン効果・どんなものに含まれている?

かに鮭などにアスタキサンチン

アスタキサンチンは、エビ、カニ、サケ、いくら、など特にオレンジ色の魚介類に含まれています。ですのでそういったものを摂取するのが最適かとも思われますが、だからといって魚介類の食べ過ぎは、水銀の蓄積という弊害も生まれます。適量の摂取を!

一日にどのくらい?

毎日魚を食べられない人も多いので、サプリメントとして摂取するのがいいでしょう。マルチビタミンと合わせて。、アスタキサンチンを摂取すればしみ、そばかす対策にはバッチリですね。

アスタキサンチンの健康効果

アスタキサンチンの健康効果・眼精疲労を改善する効果

眼精疲労を改善する効果
アスタキサンチンは栄養が届きにくい細部にまで入り込むことができるため、目の奥までしっかり届くことができます。眼精疲労の改善が期待。眼精疲労でひどい場合には目の奥の痛みや肩こり、頭痛となって、体に不調が現れてしまうのです。
眼精疲労の症状を訴える健常者にアスタキサンチン6mgを4週間摂取させたところ、調節機能の改善と自覚症状の改善が確認されました。アスタキサンチンは眼精疲労に効果的

動脈硬化、メタボリックシンドロームの予防効果

アスタキサンチンは脂質の酸化を抑制する働きに優れている。動脈硬化とは、活性酸素により酸化した悪玉(LDL)コレステロールが血液中に流れ、血管壁に沈着し血管が硬くなってしまうことをいいます。
アスタキサンチンは活性酸素の発生を抑制し、除去してくれるため、動脈硬化を防ぐよう働きかけます。
また肝臓への脂肪沈着を防ぐこともわかっています。さらに肝硬変につながる炎症や線維化を抑制する効果もみられ、肝炎や肝硬変の予防にも期待が高まっています。
アスタキサンチンには上記の働き以外にも、筋細胞内の脂質を分解する時に必要なたんぱく質の働きを促進させる

アスタキサンチン効果には美容にも

アスタキサンチン・強力な抗酸化作用

アスタキサンチンは、体内に必要以上に発生した活性酸素を抑制する強力な抗酸化力により、美白、美肌、さらには視力回復の効果までもが期待されています。また、アスタキサンチンは免疫力を高めたり、アンチエイジングや動脈硬化予防、血流改善と色々な効果があります。

美白・美肌効果

皮膚では紫外線を浴びることによって、顔にシミやシワが多く現れてしまいます。紫外線が原因となって引き起こされるシミやしわを「光老化」と呼んでいます。
光老化皮膚を詳細に解析すると表皮や真皮は厚くなり、真皮に存在するコラーゲンやエラスチンといった皮膚のハリや弾力をつかさどる成分が障害を受けます。これがシワの原因となってしまうのです。このシワの発生は、抗酸化剤や抗炎症剤によって予防できることが明らかになっています。アスタキサンチンは活性酸素を除去する力が非常に強いため、紫外線による光老化予防効果があるといわれています

ダイエットにも

ダイエット中の脂肪の燃焼を高め、効率良く脂肪を燃焼する体質に。

アスタキサンチン効果を効果的にとるには

アスタキサンチン効果100%

アスタキサンチンを100パーセントとるには、生で食べるのが、一番効果的!!
サーモンなんかは、生食できるものを、食べるとアスタキサンチンを効果的に取れるので、
積極的に食べましょう。
御寿司なんかがいいですね!

焼いたらアスタキサンチン効果は?

鮭を焼いた場合は、50パーセントの効果が得られます
焼き魚にレモン汁がおすすめですよ!

アスタキサンチンのすばらしい健康効果や美容効果たくさんありましたよね!
食事からも、積極的にとるように、日ごろからこころがけて行きたいと、つよく思いました!!
皆さんもぜひ日ごろの食生活に取り入れましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ