ダイエット中の方必見!調理方法でこんなに違う卵料理のカロリー

卵は毎日の食卓には欠かせない食材ですね。手軽に摂れるタンパク源なのでダイエット中でもすすんで取り入れたい卵。卵そのものは高カロリーとは言えませんが調理方法で大きくカロリーが変わります。そんな卵の栄養とカロリーについてまとめてみました。

調理方法は無限大、毎日の食卓には欠かせない卵

卵は昔から親しまれてきた食材で、どの家庭の冷蔵庫にも入っている食材のひとつではないでしょうか。毎日の食卓やお弁当にも卵は大活躍してくれますね。手軽に調理出来、お財布にもやさしい卵です。そんな身近な食材、卵について栄養価や調理法によるカロリーの違いにつてまとめてみました。卵を取り入れたダイエットをお考えの方、是非参考にしてみてくださいね!

卵のカロリーと栄養価は?!

卵のカロリー

90カロリー/Lサイズ1個 (60g)

卵Lサイズ1個のカロリーは90カロリー。卵だけのカロリーは低いと言えます。ダイエット中のおかずは一品100カロリーくらいにおさえたいもの。他のおかずではなかなか100カロリーを切るのが難しいので卵はダイエットに向く食材と言えます

卵は最優良栄養食品!

卵は良質のたんぱく質を含む優秀な食材です。タンパク質の他にもビタミン、ミネラルなど人間が生きていく上で必ず必要な栄養価の宝庫。

卵を摂取することで、脳の活性化によるアルツハイマー病の予防、生活習慣病予防、老化防止、美肌効果などが期待出来ます。

卵に含まれるアミノ酸に注目!

100点満点のアミノ酸スコア
アミノ酸のバランスを数値化したスコアがなんと100点満点!卵には私たちが生きていく上で必要不可欠な8種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

卵を取り入れたダイエット法

卵を取り入れたダイエット法その①:おやつ代わりに卵を食べる

腹持ちが良い卵をおやつ代わりに食べることで満腹感を得られます。その場合は油やバターなどの調味料の必要がない茹で卵が低カロリーでおすすめ。茹で卵ならお弁当にも持っていきやすいですね。殻をむけば手軽に食べられるので高カロリーのスナック類や甘いお菓子を食べるよりも栄養価が高くダイエットにはぴったりのおやつです。

卵を取り入れたダイエット法その②:卵の調理方法に工夫をする

卵を調理する方法により油が必要になる場合があります。高カロリーの油を使わずに調理できるのがゆで卵」やポーチドエッグ。味付けはシンプルに塩かハーブソルトを用いればほとんど卵だけのカロリーですね。卵は腹持ちが良いので油を使わず、調味料も塩だけで調理した卵料理はダイエットには最適です。

卵料理のカロリー

ポーチドエッグのカロリー 

1人分(Lサイズの卵1個使用)90カロリー

出汁巻き卵のカロリー

1人分(卵二個使用)150カロリー

ハムエッグのカロリー

1人分(卵1個ロースハム2枚使用 )190カロリー

プレーンオムレツのカロリー

1人分(卵2個使用)

卵料理といえば卵焼きやオムレツが定番ですね。茹で卵やポーチドエッグに比べ高カロリーの油や調味料を使うため当然カロリーが高くなります。1人分は卵を2個使うのが普通ですが1個にしたり、調味料を控えたりする工夫をすればカロリーを抑えることができます。コレステロールのことを考えても使う卵は1個にした方がよいでしょう。

工夫次第ではダイエットに向く卵

高タンパク、アミノ酸をバランスよく含む卵は健康を維持するには欠かせない栄養源。卵そのものは90カロリーと低カロリーなのでダイエットにおすすめの食材ですが調味料や油を使った調理法を好む方は控え目にしたほうが良いと言えます。ダイエット中は卵の調理方法を考えシンプルな食べ方でも美味しく食べられるようにしたいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ