マカダミアナッツは身体に良い?そのカロリーと秘められた効果とは?

近頃、ナッツ類は身体や脳に良いことが証明され注目されています。その中でも好きな人が多いマカダミアナッツ。ほんのり甘くて美味しいのですが油分やカロリーが高いと言われ、女性は気になるもの。そこで今回は、マカダミアナッツのカロリーやその効能をご紹介していきます。

マカダミアナッツをちゃんと知ろう!

普段からお菓子などで食べる機会の多い「マカダミアナッツ」。
よく食べているものですが、そのマカダミアナッツのカロリーはどれくらいで…なんてことはよく知りませんよね。

まずは、マカダミアナッツがどういった食べ物であるのか?というところからご紹介したいと思います!

マカダミアナッツは「マカダミア」という木からなります。マカダミアという木からできた実なので「マカダミアナッツ」というのですね。原産国はオーストラリアです。

歯ごたえは固くなくほろっと崩れ、味は淡泊ですがほんのりと甘みがあります。
日本ではチョコレートの中に入っているのが定番ですが、他にもクッキーやケーキ、おかきにも使われるようになってきました。
でも、女性は特にカロリーが気になりますよね。

そこで、最初にマカダミアナッツのカロリーを見ていきましょう。

マカダミアナッツの気になるカロリーとは!?

それでは、マカダミアナッツのカロリーを見ていきましょう!

一般的に、マカダミアナッツは油分が多くカロリーも高いと言われていますよね。

マカダミアナッツは100gあたり720kcal、一粒あたり15kcalほどですね。
比較として、カシューナッツは100gあたり576kcal、一粒あたり9kcalほどです。アーモンドは一粒あたり7kcalです。
他のナッツ類と比べると、カロリーは少し高めですね。

また、このカロリーはマカダミアナッツ、アーモンドなどのナッツ単体でのカロリーです。

おつまみやおやつで売られているマカダミアナッツやミックスナッツには、塩がまぶしてあるものが多いので、塩がついているものをたくさん食べればカロリーだけでなく、塩分も摂りすぎになるため注意が必要です。

カロリーは高めだが、含まれている成分は豊富!

マカダミアナッツのカロリーは他のナッツ類と比べて高めですが、そこに含まれている成分は豊富で身体に良いものばかりなんですよ!

マカダミアナッツは油分が多くカロリーが高いですが、その油分は身体に良いとされる「一価不飽和脂肪酸」であり、その中でも多く含まれる「パルミトオレイン酸」には血管を強化する働きがあります。加えて、新陳代謝を促進する働きもあるため、ダイエット中の方でも食べられます。ですが食べ過ぎるとカロリーが高いため危険ですよ。

また、抗酸化作用があるビタミンEも含まれ、細胞壁や赤血球を守ってくれます。
さらにビタミンB群も大量に含まれており、特にビタミンB1には、炭水化物からエネルギーを取り出す際に必要な栄養素なのです。

さらにマカダミアナッツはミネラルも含んでいるのです!
カリウム・リン・マグネシウムにカルシウムといった種類のミネラルがたくさん入っています。

カリウムはナトリウムの排出を促す効果があり、マグネシウムはエネルギー代謝を促したり、血圧の維持などに効果があります。

マカダミアナッツに含まれる成分の効能は?

次はマカダミアナッツの成分が身体にもたらす効能をご紹介したいと思います!

・脳卒中、老人性認知症の予防・中性脂肪減少作用
マカダミアナッツに含まれる脂はカロリーが高めである原因でもありますが、その脂は「一価不飽和脂肪酸」という身体に良い脂です。
その中でも「パルミトオレイン酸」には血管を強化する働きがあるので老人性認知症・脳卒中予防に繋がります。また、血中コレステロールや中性脂肪を減らす働きもあるのです。

・新陳代謝促進・脂肪細胞減少
マカダミアナッツには飽和脂肪酸も含まれ、その一種であるパルチミン酸には新陳代謝を促し、心臓や肝臓周りの脂肪細胞を減らす働きがありことがわかりました。

・抗酸化作用
マカダミアナッツに含まれるパルミトオレイン酸には酸化しにくい性質があり、ドロドロになった血液を改善したり身体が酸化するのを防いでくれます。そのため、美容や老化防止効果が期待されています。

・血行・代謝促進
パルミトオレイン酸には血行を促進する作用もあるため、血流がスムーズになっていきます。
血行不良による冷え性にも効果的ですし、血行促進に伴う代謝の向上も期待できます。

・便秘改善
マカダミアナッツにはオレイン酸があり、小腸で消化・吸収されにくい特徴があります。
なのでそのまま大腸に届いて腸の動きを促進する働きがあります。
なので、便をスムーズに出してくれるのです。

マカダミアナッツのカロリーから考えると、驚く効果がいっぱいあります。ですがこれは適量を食べた時の場合です。食べ過ぎはカロリーがありますからいけませんよ。

カロリーが高めのマカダミアナッツ。一日に食べる目安はどれくらい?

マカダミアナッツはお菓子でもそのまま食べても美味しいですよね。
ですが、マカダミアナッツはカロリーが高いためたくさん食べればそれだけ太ってしまいます。

マカダミアナッツは1日20g、約10粒程度が一番いいと言われています。
普段食べているお菓子をマカダミアナッツに変えるなどすれば無理なく食べられますよね。
マカダミアナッツはカロリーが高いですから、食べる際には良くかむことが大切です。良く噛むことで満腹中枢が刺激され食べ過ぎを防ぐことができます。

身体に良い効果があるとはいえ、マカダミアナッツは多くが脂肪ですからカロリーがあります。多く食べるほどカロリーの摂り過ぎで太ってしまいます!

お菓子を食べる際には、先にカロリーをみて食べる量を決めましょう。
カロリーや量を気をつけながら食べれば、効果が期待できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

マカダミアナッツはカロリーは高めですが、ミネラルやビタミン・食物繊維などがバランスよく含まれています。マカダミアナッツはお菓子によく使われていますから、食べ過ぎにはご注意ください。
お菓子に含まれている場合は特にカロリーが高くなりがちですから、初めにカロリーを見てから食べることをお勧めしますよ。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ