色々ハーブにどんな効能が?健康効能を知りましょう!ハーブの効能!

ハーブって聞くと、煮込み料理に使うイメージ!ハーブティー!健康効能たっぷりありそうな感じします。でもなかなかハーブの効能を生かしてはまったく生活してない!なんかそん?この際、ハーブの効能を知り、毎日に取り入れて、健康効能を実感しませんか?

ハーブって?

現在ハーブと呼ばれる植物には、メソポタミア、エジプトなど古代から薬用に利用されたものもある。古代エジプトではイチジク・ブドウと合せてヤグルマギクやケシの仲間が栽培された薬草園があった[要出典]。各地のハーブは、ローマ帝国の拡大などで相互に広まった。ローマ時代に遠くブリテン島(イギリス)にまで伝わったハーブは、ローマ帝国崩壊後も一部が根付き、活用された。

出典:http://ja.wikipedia.org

ハーブは、一般的に料理の香り付けや保存料、薬、香料、防虫などに利用されたり、香りに鎮静・興奮などの作用がある有用植物で、緑の葉を持つ草、茎のやわらかい植物など。

ハーブの楽しみ方!

1.花を楽しむハーブ5選

花を楽しむハーブ カモミール

ジャーマン・カモミール、コモンセージ、ホリホック、マートル、スイートバイオレット、

2.香りを楽しむハーブ5選

香りを楽しむハーブ ラベンダー

センティッド・ゼラニウム、キャットニップ、ラベンダー、カレープラント、アロマティカス

3.料理にそのまま使えるハーブ5選

お料理にそのまま使えるハーブ パプリカ

エシャロット、ミント、アーティチョーク、チコリ、ガーリック

4.調味料・香辛料として使えるハーブ5選

調味料・香辛料として使えるハーブ  ローズマリー

麻の実、マーシュマロウ、サフラン、わさび、ホースラディッシュ

5.飲料として人気のあるハーブ5選

飲料として人気のあるハーブ  ミント

ローゼル、ダンデライオン、フェンネル、レモングラス、ローズヒップ

ハーブの健康効能

ハーブはどんな効能があるのでしょう?

ハーブの健康効能・頭痛に効く効能

一般的な頭痛というものは大きく「緊張型頭痛」と「偏頭痛(片頭痛)」
緊張性の頭痛というのはパソコン等の画面の見過ぎなどによる眼精疲労が原因の物や、ストレス、睡眠不足、カフェインの取り過ぎなど
緊張型頭痛は首筋の張りや肩こりなどと一緒に後頭部の鈍痛が多く症状として観られます。長時間継続しやすい、耐えられない痛み
一方の偏頭痛(片頭痛)はまだ詳しい原因は分かっていませんが、血管の拡張や三叉神経血管などによるものともいわれています。
偏頭痛は頭の片側(あるいは両側)にズキズキとした脈を打つような痛みが一定の間隔をおいて繰り返します。痛みには吐き気を伴う場合もあります。

出典:http://www.herb-magazine.com

・カモミール
リラックス・鎮静作用のあるハーブです。頭痛対策の基本と言えるハーブです。
・パッションフラワー
鎮静作用のあるハーブとしてパッションフラワーはとても代表的です。脳に働きかけて激しい頭痛を和らげる作用があると言われています。偏頭痛などに効果的だと言われています。
・フィーバーフュー
奇跡のアスピリンとも呼ばれています。頭痛がある時用のハーブとして利用し、常用・長期の連続服用は控えて下さい。また、妊娠中・授乳中・子供には使用しないでください。ほかに、マジョラム、 レモンバーム、オレンジフラワーなど

出典:http://www.herb-magazine.com

激しい頭痛には、クモ膜下出血のような、重篤の病気の症状なので、お医者さんに、相談ください。

ハーブの健康効能・更年期症状に効く効能

女性なら気になる、更年期!症状に効く効能は、ぜひ知りたい!ハーブなら、体に優しい効能期待できますね!

・ラベンダー
気分を落ち着かせ、神経性の疲労に効果的で、睡眠障害などの改善
・セージ
セージには多汗などの不快な汗を抑える働きがあります。
・メリッサ
精神面を安定させる作用があります。イライラによる胃腸や心臓などの神経にかかる負担を軽減します。
・セントジョーンズワート
精神面を安定させる働きがあり、気分を明るくしうつ状態などの気分が沈むことを抑えてくれます。
・ホーステール
皮膚の状態を良好に保ち、さらに浄化作用もあります。体の老廃物を効率よく解消してくれます。

出典:http://www.marienremedy.com

ハーブは、香りも楽しめる

ハーブ由来のアロマオイルでを使った、ハーブの効能も!!

ラベンダーの効能は、鎮静、鎮痛、抗真菌
イライラや不眠にいい効能

セージの効能は、発汗を抑える効能、生理不順を改善し、更年期の諸症状を緩和
ゼラニウムの効能は、更年期障害によるストレスを感じがちな人は、ゼラニウムのアロマオイルが持つ効能は試す価値があります。とても甘いバラのような香りをかぐだけでも、落ち込んだり不安を感じた心を明るく回復。

ハーブ効能レシピ

ハーブ効能レシピ①ハーブティー レモングラス

材料
レモングラス長いもの1枚
ローズバッズ5個
ローズヒップ少々
珍皮少々
あられ糖少々
熱湯150ml

ハーブ効能レシピ②朝摘みハーブティー

材料
ラベンダー適量
ペパーミント適量
レモンバーム適量
タイム適量
紅茶ティーパック一個

ハーブ効能レシピ③体にやさしいハーブティーの寒天ゼリー

材料 (4個分)
水450cc
砂糖大さじ2
粉末寒天2g
ハーブティーのティーバッグ(アサイーラズベリー)1個(2g)
飾り用のフルーツ、ミントお好みで、適量

ハーブ効能レシピ④ブルーベリーのハーブティーゼリー

材料 (4人分)
水4カップ
(A)冷凍ブルーベリー大さじ4
(A)ミント・レモングラス適量
(A)砂糖大さじ4
(B)ゼラチン10g
(B)水大さじ4 
冷凍ブルーベリー大さじ4 
ミント適量
金箔(あれば)適量
生クリーム適量

ハーブってすご!!

ハーブの楽しみかたはたくさんある。花で楽しみ、アロマで楽しみ、食べたり、ハーブティーでと色々!その効能もです!本当に奥が深い、ハーブの世界!!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ