カルニチン効果っていったい何に?健康効果は?カルニチン効果!

カルニチン効果っていったい何に?カルニチンはいったい何に含まれているんでしょうか?あまり知らないカルニチン効果とはいったいどんな効果なんでしょうか?そんななぞのカルニチンの効果とはいったいどんな効果?健康効果?美容効果?

カルニチンとはいったい何?

カルニチンとはアミノ酸

L-カルニチンは、アミノ酸の一種なんですね!
L-カルニチンはエネルギーをつくり出し、体内に溜まりやすい脂肪の燃焼を助けてくれるアミノ酸です。
L-カルニチンは・・・必須アミノ酸のリジンとメチオニンを材料に、肝臓で合成されます。

カルニチンは赤みのお肉に!

L-カルニチンは、動物の肉(特に羊肉)に多く含まれています。
また、筋肉のエネルギー産生に深く関わる成分であるL-カルニチンは、脂身より赤身に多く含まれています。

魚介類では、赤貝などの貝類に含まれていますが、魚には意外なほど含まれていません。
また、野菜・果物などの植物性食品、鶏卵や牛乳などには殆ど含まれていません。

カルニチン効果・ダイエット効果が!

カルニチン効果で脂肪燃焼!

「脂肪燃焼」と聞くと、「体に蓄えられた皮下脂肪を燃やす」と思っている人が多いと言われます。しかし、まず体は一番に食事として食べた「脂肪」を燃やしエネルギーに変換します。
そして、エネルギー源として燃やされなかった脂肪が皮下脂肪・内臓脂肪となり蓄積されるのです。「脂肪燃焼」のパターンを知ってL-カルニチンを効果的に活用して下さい。

肉や食用油など、食事で食べた「脂肪」は食後少しずつ燃やされ4~6時間後に燃焼のピークを迎えます(1)。

出典:http://www.l-carnitine.jp

そのときに、L-カルニチンが十分体内にあると、L-カルニチンは食べた「脂肪」の燃焼を促進することが報告されています(1)。言い換えると、より多くの脂肪が燃やされるため「蓄積」される脂肪が少なくなるといえます。

出典:http://www.l-carnitine.jp

カルニチン効果・効果的なとりかた

カルニチン効果・脂肪燃焼効果

L-カルニチンは、脂肪を燃焼するミトコンドリアへと脂肪を運ぶ役割を果たしています。つまり脂肪をエネルギーとして利用することができます。十分に体内に補給することで、体に溜まった脂肪をエネルギーとして効率良く燃焼することができ、脂肪が付きにくい、つまり“太りにくい体”をつくることができます。ちなみにこのような効果を持つ、L-カルニチンが不足してしまうと・・・燃焼不足で残った(溜まった)脂肪が蓄積され、肥満につながる可能性が。

カルニチン効果は運動することでさらに効果が

スポーツをしない人に比べスポーツをしながらL-カルニチンを摂取する人の方が「体内でL-カルニチンがより働きやすい体質になり脂肪燃焼も促進されやすくなる。
積極的に運動をするとダイエット効果が!

カルニチン効果・健康効果!

動脈硬化予防
肥満は、生活習慣病の原因にもなりますよね?余分な脂肪が増えることで、血液中に流れ出たコレステロールや中性脂肪といった脂質が血管を細く・固くしてしまう動脈硬化を引き起こす可能性があります

高血圧予防
そして。動脈硬化が進むと、血液の流れが悪くなり、高血圧につながります。動脈硬化で細くなった血管には、血栓ができやすくなります。心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病の大きな原因になります。

疲労感をやわらげる効果
日常的・慢性的に疲れを感じている人は、L-カルニチンが不足している可能性が考えられます。L-カルニチンを摂取することで、疲労感やだるさをやわらげることができます。

カルニチン効果的な食材

カルニチン効果はラム肉

カルニチンを含んでいて、高たんぱくで、低カロリーのラム肉がお勧めです!!
北海道でよく食べられている、ラム肉ジンギスカンなんかいいですよね!
ラム肉のしゃぶしゃぶなんかも結構メジャーなんではないでしょうか!
魚介類には、あまり含まれていないカルチニンなんで、赤みのお肉をどんどんたべてください。

適度な運動と赤身肉

カルニチンは女性にうれしい、ダイエット効果があったんですね。
赤身のお肉に多く含まれている、カルニチンを効果的に積極的に摂取して、運動も一緒にすることで、効果が格段に上がるのなら、きちんと、体を動かして健康的にダイエットしませんか?効果的に運動して、基礎代謝を揚げて、良いダイエットサイクル作れば、健康的にダイエットできますよね!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ