待ち遠しい~春を感じる野菜の代表!菜の花の栄養と体にいい効果♪

日差しが柔らかく感じられるようになると、店頭に並び始めるのは菜の花。菜の花といえば春の野菜の代表です。そんな菜の花にはどんな栄養が含まれているのでしょうか。今回は菜の花に注目して菜の花の持つ栄養や、体に嬉しい栄養効果を調べてみました。

菜の花ってどんな野菜?含まれる栄養は?

菜の花」という単独の植物は実は存在していません。
一般的に「菜の花」とはアブラナ科植物の花の総称です。そのため、白菜、キャベツ、ブロッコリー、小松菜の花もすべて菜の花と呼ばれますが、昔から菜の花と呼んでいる黄色い花はナタネのことで、若い葉茎は「青菜」、花がつくと「菜の花」、種がつくと「油菜」と呼び名が変わっていきます。
地域によっても「菜花」「花菜」「津真菜(三重県)」「四月菜(福井県)」などと呼ばれます。

出典:http://www.hyoei.ac.jp

現在では、切花しての観賞用に栽培される菜の花と、食用にする菜花、油を絞る油菜はそれぞれ品種が異なっています。
 飛鳥・白鳳時代にはあおな・かぶらなどと呼ばれ、花芽を食用するため、持統天皇が栽培を勧めたとの記述が日本書紀に残っています。また、江戸時代には、絞った油を灯火や食用に、油粕は肥料にするように尾張(愛知県)を中心に、本格的な栽培がされました。

出典:http://www.hyoei.ac.jp

菜の花の主な栄養(100g中)
ビタミンA効力★★★★★★★(1600IU)
ビタミンC★★★★★★★★★★(120mg)
ビタミンB1★★★(0.15mg)
ビタミンB2★★★(0.26mg)
鉄★★★★(2.7mg)
カリウム★★★★★(360mg)
カルシウム★★★★(150mg)

出典:http://www.kaneso22.co.jp

菜の花はアブラナ科の植物の総称だったんですね。そういえば、アブラナ科の野菜はみな似たような黄色い花が咲きますものね!でも、やはり早春に店頭に並ぶあの菜の花が、私たちの知っている菜の花ですよね!今回はあの菜の花で話を進めます。菜の花は緑黄色野菜なので、栄養も豊富に含まれていますね!

菜の花の栄養は体にいい!

豊富に含まれる菜の花の栄養

ビタミンB1、B2、C、葉酸、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維などを豊富に含んでいます。そのため、貧血の予防、抵抗力を高めたり、美肌効果などが期待できます。食物繊維やカリウムにより血糖値や血圧を安定させ、糖尿病、高血圧の予防・改善に有効といわれています。

出典:http://www.hyoei.ac.jp

菜の花は栄養が豊富に含まれる緑黄色野菜なので、本当に栄養満点ですね!ほんの少しの苦味があるので、子供のころはあまり好きではありませんでしたが、年齢を重ねるにしたがって、菜の花の美味しさが分かるようになりました。春の光をたくさん浴びた菜の花は、きっとその体の中の栄養もますます増えているんでしょうね。

菜の花の栄養は病気も予防する!

菜の花の栄養で痴呆症が改善される!

葉酸はアルツハイマーを予防するために有効といわれており、わさびや大根にも多く含まれている辛味成分であるイソチオシアネートには、がん細胞の発生を抑制する働きや、血液をサラサラにして血栓を予防する働きもあります。

出典:http://www.hyoei.ac.jp

菜の花の栄養は病気の予防に効果的です。菜の花に含まれている栄養成分の葉酸は、痴呆症の予防効果もなりますが、赤ちゃんにとっても大切な栄養素ですね!赤ちゃんがおなかの中で育つのに重要な栄養素なので、お母さんは積極的に食べましょうね!また、血栓を予防する栄養素も含まれているので、タバコを吸う人は、菜の花を食べるといいですよ!

菜の花の栄養は、体の調子を整える!

菜の花の栄養で弱った胃腸を元気にしよう!

春の植物に特有の苦味成分(植物性アルカロイド)は、冬の間に機能が低下していた胃腸を刺激し、働きを活性化するといわれています。

出典:http://www.hyoei.ac.jp

寒くなってくると食欲が増してきます。これは自然の摂理で、寒い冬に備える生き物としての私たちの、当然の行動なのでしょうが、備える必要のない現代でも、ついつい食べ過ぎてしまうのは困った行動ですよね・・・しかし菜の花には、そんな疲れた胃腸に優しく働く栄養成分が含まれているので、
胃腸の回復をはかってくれます。胃腸の回復をはかりつつ、菜の花の栄養を摂取しましょう!

栄養満点だった菜の花!

少し苦みのある大人の味の菜の花。そんな菜の花には大人の体に嬉しい栄養成分がたくさん入っていましたね!

いかがだったでしょうか。菜の花にはたくさんの栄養が含まれている事がお分かりいただけたと思います。菜の花は季節の野菜です。早春、春の気配を感じたらその栄養と一緒に菜の花を頂きましょう。私たちが、冬に蓄えすぎた栄養は、きっと脂肪となって身についているはずです。そんな栄養のなれの果ての脂肪はカロリーの低い菜の花で改善できるかもしれないですよ!春になったら様々な菜の花料理で、菜の花の栄養とスリムな体を手に入れましょうね!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ