煮ても焼いても美味しい鶏肉!その含まれる栄養素にはどんな効果が?

毎日の食事で、登場回数の多い鶏肉。お財布にも優しい、リースナブルな食材です。メインのおかずとして大活躍の鶏肉。そんな鶏肉にはどんな栄養が含まれているのでしょうか。今回は鶏肉にスポットを当てて、鶏肉の持つ栄養やその体にいい事を調べてみました。

鶏肉にはどんな栄養が含まれているの?


鶏肉の栄養素《たんぱく質》


人間には不可欠な栄養素で、血液や皮膚などの構成成分ともなっていることから「冷え性」や「怪我の修復」などにも効果があるといわれています。牛肉や豚肉にもたんぱく質は含まれていますが、同量の脂肪分が含まれているのも事実。

それに比べて肉と脂肪が分離されている鶏肉は、脂を簡単に取り除き「たんぱく質」のみを摂取することが可能です。

出典:http://www.tori-niku.com


鶏肉の栄養素《メチオニン》


メチオニン(必須アミノ酸)には、サケの飲みすぎや過食からなる「脂肪肝」を予防する効果があります。また、肝機能を上げる効果もあることから「二日酔い」の解消にも役立ちますよ。

そんなメチオニンが不足すると、血管内にコレステロールが沈着することで起こる「動脈硬化」や、それに付随した「心臓病(狭心症、心筋梗塞etc)」や「脳梗塞」を引き起こす可能性も・・・。

出典:http://www.tori-niku.com


鶏肉の栄養素《コラーゲン》


栄養価の高い鶏肉には、美肌の元となるコラーゲンも豊富に含まれています。細胞同士を結びつけるコラーゲンは皮膚以外(目の角膜、関節など)にも多く存在し、「美肌」効果だけでなく「白内障」や「老眼」、「関節痛」などの予防にも効果があるといわれています。

また、鶏肉の中でも手羽先に含まれるコラーゲンはピカイチ☆さらに、水溶性という特性を活かした調理法(煮物)によって、具材や煮汁からもコラーゲンが摂取できます。ちなみに、世界三大美女の1人「楊貴妃(中国)」も、手羽先を煮込んだ料理を好んで食べていたようですよ♪

出典:http://www.tori-niku.com

鶏肉には豊富な栄養素が含まれています。皮の部分や、余分な脂を取り除けば、とてもヘルシーな食材ですね!特に鶏のむね肉には豊富に含まれる栄養として、良質のたんぱく質があります。このたんぱく質は人の体を形成するのに必要な栄養素ですね!そして鶏肉はヘルシーなので、ダイエットにも最適の食材です。

鶏肉の栄養は健康にいい!

鶏肉の栄養で肝臓が元気に!

鶏肉は高タンパク質低脂肪の代表的な食材で、肉部分にはコレステロールの量を改善するナイアシンが豊富です。また、必須アミノ酸のメチオニンを多く含み、これが肝機能を向上させ、血中脂質の沈着を防ぐ作用があります。また、肝臓の余分な脂肪を包み込んで乳化し、脂肪肝を防ぐ役割も果たしています。

出典:http://foods.drisal.net

肉を食べるとコレステロール値が上昇するイメージがありますが、鶏肉に含まれる栄養素はコレステロール値を改善させる効能を持っているんですね!鶏肉が持つ栄養の良質なたんぱく質は、エネルギー効率もいいので、ダイエット効果も期待が出来るんですよね!

鶏肉の栄養は美容にもいい!

鶏肉の栄養のコラーゲンは女性の味方♪

適度な弾力があるもも肉には、鉄分やビタミンB群が豊富で、疲労回復や、新陳代謝を促進し、体調維持に効果があります。
手羽部分には肉は少ないですが、ゼラチン質が多く、ここにはコラーゲンがたっぷり含まれています。また、皮や骨、軟骨などにも多いです。

出典:http://foods.drisal.net

コラーゲンは人間のあらゆる臓器を構成しているタンパク質で、組織をつなぐ接着剤のような役目をしています。コラーゲンは皮膚、骨、関節、腱に多いのですが、加齢とともに失われ40歳代で20歳の約半分になってしまいます。コラーゲンを摂取することで、骨や関節の強化、美肌、増毛、目の老化防止が期待でき、血管の弾力性も増します。

出典:http://foods.drisal.net

女性にとっては特に怖い怖いお話です。コラーゲンは常に意識したい栄養素ですよね!!!若い頃はあまり感じませんでしたが、ある一定の時期を過ぎると明らかな違いに怯えます・・・鶏肉はカロリー的にも低めで、栄養は豊富に含まれています。ダイエットで体重を気にする事も大切ですが、お肌がボロボロでは話になりません。そんな時に鶏肉の栄養のコラーゲンが力を発揮してくれるのですね!

鶏肉の栄養で病気の回復をはかろう!

栄栄養補給は鶏肉が最適!

味が淡白でやわらかく消化のよい鶏ひき肉は、お腹を温め消化吸収に優れ、病後の体力回復の滋養食として最適な肉です。
たんぱく質は良質で、必須アミノ酸含有は豚肉や牛肉よりも豊富です。脂質は豚や牛の約半分で、コレステロールを低下させる不飽和脂肪酸を多く含有しているので、生活習慣病を心配することなく取ることができます。
ビタミンAは豚肉の約3倍強、牛肉の約10倍と多く含まれ(五訂食品成分表による)、皮膚や粘膜を強化し、夜盲症などにも有効に働きます。ナイアシンも豊富で、ビタミンAの働きと一緒になり、皮膚を丈夫にします。

出典:https://www.bioweather.net

鶏肉は栄養も豊富ですが、消化吸収にも優れていますね。特に鶏肉の中でもひき肉は抜群です。病気の後は体が疲れているので、栄養補給が大切ですが、体の負担になってはいけません。そんな時に鶏のひき肉は力を発揮してくれます。

やっぱり栄養満点だった鶏肉

鶏肉は様々な料理に使える栄養豊富な食材です。唐揚げや照り焼きチキンなどは子供からお年寄りまで大好きなメニューですね!

いかがだったでしょうか。とても馴染みのあるよく知っているはずの鶏肉。実際に栄養素の事やその効能などを調べてみると、意外と知らない事実がたくさんありましたね!鶏肉は栄養も豊富ですが、その部位によっても様々な料理に変身します。そして、部位によっても、含まれる栄養も若干の違いもあるでしょう。そのあたりを考慮しながら毎日の食事作りに生かしたいですね!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ