南国の香りが漂ってきます♪知られざるドラゴンフルーツの栄養効果!

鮮やかな南国の果物!ドラゴンフルーツって知ってますか?そしてドラゴンフルーツを食べた事はありますか?ところで、いったいどんな栄養が含まれているの?そんなドラゴンフルーツに注目して、栄養価や体に嬉しい効能など、ドラゴンフルーツの秘密に迫ります!

びっくり!こんなにあるのね♪ドラゴンフルーツの栄養効果!

ドラゴンフルーツ(Dragon fruit)は、別名、ピタヤ、ピタハヤ(Pitaya、Pitahaya)、火龍果とも呼ばるサボテンの実です。ドラゴンフルーツという名前の由来は果実の表面が龍の鱗に似ていることから名づけられたと言われています。エキゾチックで派手な見た目とは逆に、味は上品であっさりしています。食物繊維やブドウ糖・ミネラルを多く含んでいて、高血圧、糖尿病、ダイエットにも効果があります。果実は国産のほか、2009年10月にベトナム産ドラゴンフルーツが輸入解禁されました。輸入ものは早取りされ蒸熱処理も施されているため、甘みが乗っていないことが多いようです。また、花のつぼみは天ぷらやおひたしにして食べれます。一晩限りの豪華な花も魅力でその美しい花は、南米では「貴族の夫人」と呼ばれています。暑さにも寒さにも強いサンカクサボテンで、病害虫も特になく育てやすい熱帯植物です。生育スピードが早く、順調に育てば、苗からだと翌年、実生で3年目くらいから収穫できます。

出典:http://tropikalfruit.net

三角柱のサボテンで、成木の茎の径は4~7cmでよく分岐します。ドラゴンフルーツはサボテンですが砂漠の植物ではありません。元来、熱帯雨林のなかに生息しており自然界では気根と呼ばれる茎から根っこを出して近くの木に絡めてよじ登っていきます。気根は大気中の水分も吸収したり腐熟した近くの枝葉から養分を吸収します。棘は外敵から身を守ったりちかくのものに引っかけながら上へ伸びるのに都合よくできてます。

出典:http://tropikalfruit.net

栄養豊富なドラゴンフルーツを食べた事がある人は、その味に少しびっくりしたのではないでしょうか。栄養は豊富なのですが、甘みの少ないあっさりとした味わい。見た目はまるでキウイのようですが、酸味は感じません。食感は柔らかく何とも微妙な味・・・そんな印象だったに違いありません。実際、私がそう感じました。その微妙な味わいの理由は、栄養豊富なドラゴンフルーツは追熟するフルーツではないからです。収穫時はまだ熟す前なのですね。したがって甘みが薄いのです。しかし、完熟まで待ってしまうと日持ちがしません。なかなか難しいところです。

ドラゴンフルーツは栄養満点!健康にいいよ♪

ドラゴンフルーツの栄養は血液サラサラ!

ピタヤにはナトリウムの排出を促すカリウムが多く含まれているので、高血圧予防に効果が期待できます。葉酸も比較的多いので妊婦の方や貧血気味の方にもおすすめです。また、果物の中ではマグネシウムの含有量が最も多く含まれています。それほど大きな効果は期待できませんが、歯や骨の形成などに役立つでしょう。

出典:http://www.kudamononavi.com

カリウムが豊富

カリウムが比較的たくさん含まれているので、体内の塩分を調節する働きがあります。

出典:http://foodslink.jp

栄養豊富なドラゴンフルーツに含まれる栄養のカリウムは体の中の余分な塩分を排出する働きがあります。塩分を取りすぎると高血圧症が心配になりますが、栄養豊富なドラゴンフルーツの栄養分であるカリウムがあれば血液がサラサラになりますね!

ドラゴンフルーツの栄養はアンチエイジングに効果的!

ドラゴンフルーツの栄養で美肌になれる?

ポリフェノールの一種であるアントシアニンを含むことから抗酸化作用や老衰防止の機能などの作用や眼精疲労の回復に効果があります。バランスよく含まれているビタミンと合わせて美白、シミ予防など美肌面でも効果が期待されています。

レッドピタヤにはあの強烈な色の元、赤色色素「ベタシアニン」はポリフェノールの一種で強い抗酸化力があり、がんの抑制作用があるのではないかと研究されているほど。当然アンチエイジング・エイジングケア食材として注目されています。ピタヤボウルがレッドピタヤを使用するのも、色のインパクトだけでなくアサイーにはないベタシアニンが摂取できるためと考えられますね。

出典:http://www.slow-beauty.net

栄養豊富なドラゴンフルーツは豊富に栄養を含んでいます。抗酸化作用は女性にとっては嬉しい作用を起こしてくれる栄養素ですね!南国のフルーツなので暑い夏の日に食べれば日焼けによる炎症を抑えてくれますね!

ドラゴンフルーツの栄養は食物繊維!

ドラゴンフルーツの栄養は便秘も解消してくれる!

ドラゴンフルーツ(ピタヤ)もアサイー同様に食物繊維が多いため、整腸効果や便秘解消効果も期待できます。ゴマ状の種子にも腸を刺激して便秘を改善する作用があることもあり、便秘による肌荒れや代謝の低下を抑える効果が期待されています。

また食物繊維が水分を吸着して数倍~10倍に膨れ上がります(※ダイエット食品などで食材特有の性質のように書かれているものもありますが、食物繊維の性質によるものです)から、食べ過ぎ防止などダイエットのサポート役としても活用できますね。

なお、食物繊維がバナナの65倍という表記を見かけますが、日本食品標準成分表によると100g中の含有量はドラゴンフルーツ1.9g、バナナは1.1gとなっていますのでそれほど極端な違いはないとも考えられます。

出典:http://www.slow-beauty.net

栄養満点なドラゴンフルーツには食物繊維などの栄養が入っています。便秘は美肌の大敵!また、ダイエット中は便秘になりやすいので、豊富に食物繊維を保有する栄養満点なドラゴンフルーツを食べれば便秘の解消が期待できますね!

栄養満点だったドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツにはたくさんの栄養が含まれている事が分かりました。便秘の解消やアンチエイジングなどは女性にとって欠かせない事ですね!

いかがだったでしょうか。栄養豊富なドラゴンフルーツが持っている様々な栄養の事がお分かりいただけたと思います。また、最初にお話しした通り、栄養豊富なドラゴンフルーツの食味はちょっと微妙です。しかし、美味しい食べ方もちゃんとあるんです!それは、栄養豊富なドラゴンフルーツに酸味を加えてあげることです。酸味が加わる事で栄養豊富なドラゴンフルーツの柔らかい甘みがはっきりとした物に変わります。酸味はヨーグルトでもいいですし、レモンやシークヮーサーなどでもOKですよ!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ