ダイエットには夜のヨーグルトがおすすめ!体の中からきれいになろう

ヨーグルトは朝食べるものと思っていませんか。朝食に果物とヨーグルトを合わせて出かける人も多いはず。実は、ヨーグルトは夜食べることでダイエットに最適な効果を発揮するのです。これはダイエットを考えている人必見!手軽においしくできる方法を教えます。

ヨーグルトダイエットを始める前に

ヨーグルトダイエットとは、日々の食事にヨーグルトを取り入れることによって、ダイエットに取り組むことです。ヨーグルトはデザート感覚で食べることができ、また甘味だけでなく酸味のある食べ物なので、甘いものが苦手という人でもヨーグルトは食べやすいものと思います。また、食べることを習慣化している人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そして、ヨーグルトは朝の食事として食べるイメージがあります。時間のない朝でも、ヨーグルトを食べれば栄養としても満足感がありますよね。ですが、最も効果的にヨーグルトを引き出すには、夜に食べることがおすすめなのです。それが、ダイエットにも知らず知らずに結びついています。今回は、ヨーグルトの効果を知って、効率的にダイエットする方法をご紹介します。

ヨーグルトの栄養価とは

ヨーグルトは、牛乳から加工される過程で、牛乳の栄養素が乳酸菌により分解され、新たな栄養素を生み出し、体に吸収しやすくされています。

糖質

体のエネルギーになる糖質ですが、牛乳でとった場合、おなかが緩くなる人も中にはいます。それは、牛乳に含まれる乳糖が腸に吸収されないから。ヨーグルトは、乳酸菌が分解してくれるので、腸が無理なく吸収します。

たんぱく質

たんぱく質はダイエットにも必要な栄養素です。内臓を動かすにも筋肉が必要であり、肌や髪も健康的に保つ効果があります。ヨーグルトは牛乳よりもさらに分解されて吸収されやすくなっているので、効率的です。

乳酸菌

ヨーグルトといえば乳酸菌といったようによく耳にするものと思います。ヨーグルト生成時に生まれる乳酸菌は、腸内環境を整え、アレルギー症状の改善、免疫力アップにも効果的です。そして、ダイエットにも直接結びついています。

夜ヨーグルトでダイエットする効果

きなこバナナヨーグルト

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内環境を良くし、便秘や下痢の症状を緩和してくれます。ダイエットのためにはまず、老廃物を取り除くことが必要なので、こうした乳酸菌の働きは、ダイエットに向いていることが分かります。また、人間の体のサイクルをしれば、ヨーグルトをどのタイミングでとるかで効率的にダイエットに取り組むことができます。

人間の体は、朝に老廃物の排出、昼は消化やエネルギーに、そして夜に吸収するというサイクルを持ちます。腸が最も吸収しやすい時間が、夜の10時から深夜2時までといわれています。この時間に吸収されるよう夜ヨーグルトを摂取し、それによって生まれた老廃物を朝に排出するのが、ヨーグルトダイエットの一番の特徴です。体の本来の仕組みにまかせるのですから、ヨーグルトでのダイエットほど簡単なものはないですよね。

ダイエットするならホットヨーグルトもおすすめ

ホットヨーグルト

ヨーグルトは、食べ方は本当にさまざまです。そのまま食べても良いですし、砂糖やヨーグルトソース、蜂蜜をかけたり、果物やシリアルと一緒でもおいしいですよね。また、サラダのドレッシングとしても活用できます。夜に食べるときは、ドレッシングにしたりそのまま食べたりなどシンプルにしたほうがかえって食べやすいかもしれません。

デザートにも食事にも活用できるのは、ダイエットといえど、工夫ができるので、ダイエットで感じるつらさは少し軽減できると思います。そんな食べ方豊富なヨーグルトですが、ホットでいただくヨーグルトをご存知ですか。

温めると、冷たいままより、ヨーグルトの栄養素が吸収されるようになり、乳酸菌の働きを妨げるものがなくなることがホットヨーグルトダイエットの効果といわれています。冷たいままだとおなかも冷やすし、脂肪も蓄積されやすくなるので、温めることはダイエットする人の強い見方となりそうです。

ヨーグルトダイエットの注意点

そんなヨーグルトでダイエットをするとしても注意点があります。ヨーグルトはカロリーがあるので、食べ過ぎては逆に太ります。お昼に食べ過ぎたときは、ダイエットしたいなら夜は調整して食事の量を減らすと良いでしょう。

また、ヨーグルトに砂糖や果物を加えれば、その分カロリーはあがります。砂糖よりも蜂蜜のほうがダイエットにも体にも効果的です。

<ヨーグルトドレッシングで食べる生野菜&温野菜サイコロサラダ>

ホットヨーグルトとして食べるとき、温めすぎは乳酸菌を殺してしまいます。湯銭にかけるか、電子レンジで1分程度温めるにとどめましょう。

ダイエットだとしても、バランスのとれた食事が基本です。ヨーグルトは、プラスαとして考え、食事を基準に食べることをおすすめします。

ダイエットにヨーグルトを取り入れよう

バナナとヨーグルトのスムージー♪

ダイエットしたいけど、なかなか続かないということはよくありますよね。食事制限や運動など、ときにストレスを抱えることもあると思います。でも、ダイエットしてきれいになりたいとはだれでも思うこと。ダイエットの目的を見据えて、達成したときのことを思えば、気持ちが高揚してくるものです。体に負担をかけずにダイエットするには、一つ一つの食品の特徴を知って、効果を引き出せる時間帯、量、食べ方を守ることが重要です。

そう考えると、ヨーグルトは寝ている時間の体の働きを活用するので、とても簡単で無理なくダイエットを行えます。ヨーグルトのにおいが苦手な方は、ドレッシングにしてみたり、果物ソースを適量かけてみたりするなど工夫してみてください。一つヨーグルトを冷蔵庫に入れておくだけで、体の中からきれいになりますよ。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ