プラムは低カロリー?知らなかったプラムのカロリーと栄養素!

夏頃に美味しくなる「プラム」。最近はスーパーで見る事も多くなってきました。ですが、果物ですし、そのカロリーは気になりますよね。果物の中には高カロリーの物もあり、多く食べれば太ってしまいます。そこで今回は、プラムのカロリーから効能・栄養素などご紹介します!

プラムはすももとどう違うの?

意外と知らない「プラム」と「すもも」の違い。ここでは、そんな違いについて紹介します!

「プラム」と「すもも」。意外とこの違いを知らない人も多いと思います。

実は、「プラム」も「すもも」も同じ果物で呼び方がただ違うだけなんですよ!
大きく分けると、「日本すもも」と、「西洋すもも」に分ける事ができます。
すももとプラムは基本的には同じ果物ですが、英語で呼ぶと「プラム」になるのです。

さらに言うと、日本の食べ方と西洋での食べ方は少し違います。

日本ではすももやプラムは、主に生のままで食べますよね。
でも西洋においてのプラムは、ジャムやコンポート、ペーストなどに加工してから食べる事が多いんですよ。
最近は日本でもジャムにしたもの販売したり、自家製で作ったりする方も増えてきました。

甘くて美味しいプラムの気になるカロリーとは!?

甘くて美味しいプラムですが果糖も含まれていますし、そのカロリーは気になりますよね。

プラムのカロリーは、100gで約44カロリー、1個あたり平均130gとすると 、プラム1個のカロリーは約57カロリー程度です。
他の果物と比べてみると、バナナは1本130カロリー、葡萄は一房で約65カロリー、林檎は1個当たり約135カロリー程になります。

比較してみると、プラムのカロリーは他の果物に対して比較的低めのカロリーですね!

ただしこれは、生でそのまま食べた時のカロリーの表示です。
ジャムにするなどの加工をすると、そこに砂糖や塩を加えるので必然的にカロリーは高くなってしまいますよ。

低カロリーなプラム!そこに含まれる栄養素とは?

プラムは他の果物と比べて低カロリーだという事がわかりました。

次に、ここではそんな低カロリーなプラムに含まれる栄養素をご紹介します!

プラムには、・葉酸・カリウム・ビタミンA・アントシアニン・食物繊維・鉄分・ミネラル・ビタミンB1、B2などが豊富に含まれていことがわかっています。

葉酸は新鮮な赤血球を作る効果がありますし、カリウムは体内の塩分濃度の調節をしてくれます。

さらに、食物繊維は腸内環境を綺麗にする効果があり、大腸癌の予防にもなると言われています。
アントシアニンは、高い抗酸化作用があるので身体の酸化を防いでくれます。

低カロリーなうえ、甘くて美味しいプラムにこれだけの栄養成分は入っているなんて驚きです!
また、ドライフルーツのように干したものを食べるほうが良いと言われています。干すことにより、プラム内の成分が凝縮し、さらに栄養成分が豊富になるからです。ただ、干すことによりすこしカロリーが高くなることがあります。

低カロリーなプラムがもたらす身体への効果!

ここではプラムが身体にもたらしてくれる効果をご紹介していきます。
身体の事で悩んでいる方は必見ですよ!

・貧血の改善
プラムが貧血改善に効果があるといわれるのは、鉄分のほかに葉酸やビタミンB6、ビタミンB1・B2、ビタミンCなどがバランスよく配合されていることが挙げられます。鉄分だけを補っても改善されにくい貧血もありますから、その点でバランスよく配合されてプラムは効果的なのです。

・便秘改善
プラムには食物繊維が豊富なうえ、水溶性食物繊維も含まれています。水溶性食物繊維は整腸作用があり、便秘の予防にも効果があるんです。

・疲労回復効果
プラムに含まれている酸味はリンゴ酸やクエン酸が中心です。そしてこの酸には疲労回復効果があり、疲れているときなどに使うと良いでしょう。

・筋肉の維持・高血圧予防
プラムに含まれているカリウムには、体内の塩分を排出する効果があり、高血圧の予防に効きます。さらに長時間の運動による筋肉の痙攣を防ぐ効果もあり、このカリウムが不足すると筋力が弱ってしまいます。

低カロリーなプラムは美容にも効果あり?

プラムには健康維持効果だけでなく、美容にも効果が期待できるみたいです!

プラムは水溶性食物繊維が豊富なので便秘の改善に効果があり、さらに腸内善玉菌を増殖させる効果があるのです。

また体内の水分を排出させる効果もあるため、むくみの予防や改善が望めます。ビタミンEは抗酸化作用があるため細胞の老化を防いでくれますし、血流の改善効果もあるのです。プラムに含まれる成分の抗酸化作用は他の野菜や果物よりも、一番効果が高いと考えられています。

さらに、便秘改善効果や抗酸化作用からニキビなどの肌トラブルの改善が期待できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プラムは大きさがありますし、とても甘いので比較的高カロリーと思っている方も多いようですが、他の果物と比べると低カロリーな果物でしたね。あのプラム1個に含まれる栄養素は豊富で、女性に嬉しい物が沢山入っていますし、カロリーが低いため、ダイエットなどに活用もできますね。
ただ、食べ過ぎにはご注意ください。いくらカロリーが低いからと言ってたくさん食べてしまえばそれなりのカロリーになってしまいますよ。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ