納豆は太る?太らない?知ると納得知らなきゃ損!納得の秘密

納豆は健康にもよくて完全栄養食なんて言われていますが、納豆は太るかもしれないのです。もし太るならば完全栄養食といえどそんなに食べるわけにはいきませんよね?納豆はどうなのか?徹底的に調べてきたので今後の参考にしてみてください。

納豆は太るのか?

納豆は太るのでしょうか??考えてみましょう。
まず、単純に太るとは、どういうことでしょうか?
摂取したカロリーが消費するカロリーよりも多いと太るのです。
それならば、たくさんカロリーを消費するか摂取するカロリーを抑えればいいではないか!そう思いますよね?そんなに単純ではありません。

納豆のカロリーは決して低いとは言えないかもしれません。たった1パックで100カロリー程度あります。これは脂質を多く含むのが原因といわれています。確かに、白米が50g当たり84キロカロリー程度なので、白米よりもカロリーが高いことがわかります。
しかし、納豆は、主食の炭水化物と違い、1日に何百gも食べるものでもないので、納豆がカロリーが高いからといって太る原因ではないといわれています。高カロリーであるが、太る原因にはなっていない「納豆」は、とても健康的な食材ともいえるのではないでしょうか。

納豆が太るは間違い?

もし、納豆を食べて太るくらいなら納豆はもう食べない。そう思う方も多いのではないでしょうか?
確かに、納豆を食べて太るならば納豆なんて食べたくないですよね?
しかし、納豆にはたくさんの栄養素が含まれており、体にはとても嬉しい働きがあるのです。
さらに、先ほども述べたように納豆が太るという認識は間違いなのです。

納豆の栄養素は本当に豊富で、無駄がないとまで言われています。
ある管理栄養士は納豆はなるべく毎日食べてほしいと言うほど納豆の栄養価は高いのです。
納豆は太ることもなく、栄養価も高いとは本当に万能の食べ物のようですね!
カロリーが高くても太ることがない点も納豆の不思議さですが、豊富な栄養素によってカロリーを消費しているのがわかりますね!

納豆ダイエットはおろしやキムチなどを混ぜて食べるだけの簡単ダイエット方法です。一日1パック程度を食べるのがベストです。納豆に関わらず食べ過ぎてはいけませんので、毎日少量を食べるのが好ましいでしょう。

納豆が太ると言われてしまう理由は??

納豆が太ると言われてしまう理由の1つは、先ほどもあげたカロリーの高さです。
納豆のカロリーは大体100gあたり200kcalで、ご飯100gあたり約170kcal程度に比べても高いため、太るのではないかといわれています。

あれ?納豆は太るの?

一瞬ギクリとしますよね?
しかし、1回に食べる納豆の量は1パック50gくらいなので、だいたい25分間歩くくらいで消費できてしまうカロリーなのです。
納豆だけにかかわらず、たくさん食べてしまうと太ります。そのため、1日に1パックもしくは2パックまでにすれば、影響はほとんどないと言ってもいいでしょう。「納豆」は太るどころか、食べることによるメリットがたくさんあるといわれているのです。

納豆が太らない理由

納豆は、同じグラム数のご飯よりもカロリーが高いといわれていますが、実は、納豆にはこのカロリーが気にならないくらいのダイエット効果があるといわれています。
納豆に含まれる、ビタミンB1、ビタミンB2が、脂質代謝に必要不可欠で、摂取したカロリーをエネルギーに変換してくれるのです。更に納豆には脂肪の吸収を抑えるだけでなく、食欲も抑える効果があるので、ダイエットに最適ということがわかるでしょう。また、大豆ペプチドによる作用で基礎代謝がアップ、食後の消費エネルギーもあがるという嬉しい効果もあるといわれています。

ダイエット中どうしても、便秘になりがちですが、納豆に含まれる食物繊維が便秘を解消するために薬を飲むよりもずっと健康的で効果も期待できる食べ物といわれており、加えて、ストレスを防止するカルシウム、貧血や立ちくらみを防いでくれる鉄分と、納豆にはダイエット中に欠かせない栄養素がたくさん含まれているため、ダイエット中に納豆を食べることは推奨されています。

太ることなく食べられる納豆

それでは納豆を食べても太ることがない食べ方を紹介します。
これで太ることを防いでください。
納豆には、脂肪の蓄積を抑え脂肪燃焼を助ける働きがあるので、ダイエットができるのです。

ネギをたっぷり

納豆にネギをたっぷりかけて食べてください。ネギに含まれる栄養素がコレステロール値を下げてくれるので太るのを防いでくれます。

キムチを一緒に

納豆にキムチをのせて食べることでも太るのを予防する効果があるそうですよ!
辛いのがお好きな人は試してみては?

ゆっくり食べる

どんなものでもそうですが、急いで飲み込むようにして食べるとそれだけたくさん食べられてしまうのでよくありません。
食べた分だけ太ると考えるとやはり食べる量は抑えたいですよね?そこで、よく噛んでゆっくりと食べると満腹中枢を刺激するので、お腹がいっぱいに感じて満足感を得られます。
ぜひ!試してみてください。

納豆ダイエットの効果

納豆ご飯のカロリーは茶碗1杯あたり、約200kcalといわれています。意外にカロリーの多い納豆とご飯を一緒に食べることによって、必然的に摂取カロリーは増えてしまいます。これは当然太る原因になります。
そのため、ご飯を豆腐に変えて、豆腐に納豆をかける納豆豆腐でカロリーを抑えることで、カロリーを気にせず納豆を食べることができます。太るのを防ぐためにも必要です!
何より、豆腐は脂肪分がないので低カロリーなのに、肉や魚に負けないくらい良質なたんぱく質が多く含まれているので、とてもバランスがいい食べ合わせです。また、食物繊維も豊富に含まれているのでコレステロールの吸収を妨げてくれるので、ダイエット効果に期待出来ます。

納豆ダイエットの効果

ダイエット中でもタンパク質の摂取は不可欠であり、納豆に含まれる良質のタンパク質はカロリーも低く、その面からも納豆ダイエットは優れたダイエット法と言えます。さらに、納豆のタンパク質は、脂肪の燃焼を進ませる物質を増やす働きがあります。
納豆を食べることによって、脂肪を燃焼させやすい体質に改善することができます。

それから、納豆に含まれる大豆サポニンには肥満予防の効果があり、余分な脂質や糖質を吸収しない太りにくい体に変えてくれます。また、納豆にも含まれている女性ホルモンに似た働きをすることで有名な大豆イソフラボンですが、コレステロールを下げる効果もあるのです。
コレステロールを下げると、体脂肪を減らすことができダイエットにも効果が期待できます。

納豆は太る?まとめ

いかがでしたか??納豆が太るという認識は間違いで、むしろ納豆はダイエットにもいい食べ物ということが分かりましたね!
また、食べ方ひとつで太るのを防いでくれるのもお分かりいただけたと思います。
そして、食べるときにゆっくりよく噛みしっかりと食べることで満腹感を得られて余計に食べることもなくなります。
納豆は体にもいいのでしっかり食べて体の内側からきれいになりましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ